So-net無料ブログ作成

コトブキヤ 1/144 ラインバレル・オーバードライブ [その他のプラモ]


コトブキヤの1/144 ラインバレル・オーバードライブです。

ラインバレル物は初ですがなかなかかっこよかったので作ってみたくなり二日間で製作。


製作法は自分の最近の主流になってきている濃い色のパーツのみ塗装です。
薄い色(白や黄色)のパーツはスミ入れ&つや消しのみ。
紺色はガンダムカラー ブルー10(設定色はもうちょっとグレーに近い)、
赤色はガイアカラー シャインレッド(+蛍光クリア少々)。
刃先は例によってMr.カラーのスーパーアイアン。
金色はエナメルのチタンゴールド。


正面から。ガンダム系とは違いアーマードコアよりかな。(コトブキヤってだけかもしれませんが


横から。


背面。テールスタビライザーが展開した状態でイカス。

通常版持ってないですがオーバードライブでの相違点。

特徴的なテールスタビライザーが展開状態になってます。


肩が展開。


腕の外側も展開。


遠距離攻撃用武器エグゼキューター。パーツが一色で塗り分けがたいへんでした。



専用台座も付属しており浮遊状態も再現。股間穴ではなくテールスタビライザーの下部に穴があります。


踵は自立できるモードから浮遊モードへ差替えで再現。



結構、浮遊している姿も様になります。



主武装の刀(ジャスティスソード?)。


通常版と同じく、ちゃんと二振り付属。
鞘に収められればなお良かったのですが。


忍者のように。


ひざもついてみる。


大きさ比較。

比較的大きめなHG リボーンズガンダムと。身長はほぼ同じですね。
胴体はガンダム系よりかなり細くちっちゃいです。


コトブキヤつながりで1/1 ホイホイさんと。


ねんどろいど セイバーリリィと。(全く意味無いですが近くにあったので・・・


ということで1/144 ラインバレル・オーバードライブでした。
可動にかなり力が入っているらしくポージングなど比較的思いのままにできます。
1/144というサイズもなかなか扱いやすく飾りやすいサイズなのでいいと思います。

ただ残念な点としてはコトブキヤにしてはパーツ分割が少なく塗り分けがたいへんです。
(裏を返せば作りやすくなっている?)
アーマードコアやスパロボ系の時はえーって言うくらいパーツが多かったのですがね。
特にオーバードライブのパーツは急ごしらえで付けたかのごとく色分けは皆無に近いです。
エグゼキューターは一色成型だし肩や腕の展開状態である金色部分も塗装しないとダメ。
通常状態ならば素組みでも見栄えすると思いますがオーバードライブパーツは
ちょっと塗らないと厳しいものがあります。
無塗装派の人は通常版をオススメ。

なんだかんだいっても価格が一番のネックでしょうねぇ。
並のMG以上の値段でHGに毛が生えた程度のパーツ構成。まあガンプラと比較するのは反則な気もしますが。
(あと数百円出せば完成塗装品のヴァリアブルアクションとか買えますから)

と不満点がありながらもキット化してくれたコトブキヤさんには感謝。
ラインバレル自体の造形や可動は満足いくものなので黒色主体のmode-Bとかも欲しくなってます。



MG エクシア、マッタリ製作中。(まだ頭部と胴体しか出来てない・・・





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。